ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

病虫研究室

印刷ページ表示 ページ番号:0715524 2021年5月12日更新農業研究所

病虫研究室

岡山県の農作物で発生している難防除病害虫の生態解明を行い、それに基づいた物理的、耕種的、生物的防除技術等の化学農薬を削減した環境にやさしい病害虫防除技術を確立します。
また、新規の農薬実用化委試験や、産地から持ち込まれた農作物の病虫害診断事業を実施し、現場の安定生産を支援しています。

1 環境保全型病害虫防除技術の開発

  アザミウマ類    ヒラズハナアザミウマとイチゴの被害     アスパラ
        アザミウマ類         ヒラズハナアザミウマとイチゴの被害       アスパラガス斑点性病害

2 主要農作物の新防除薬剤の選定と防除法改善

  (1)農作物主要病害虫の効率的防除薬剤の実用化試験

  (2)マイナー作物等病害虫防除対策事業
  

イネいもち病の被害  ハスモンヨトウ   
   イネいもち病の被害                     ハスモンヨトウ      

                                            

3 関連事業

(1)病害虫・生育障害の診断と対策指導
       

被害組織からの分離    顕微鏡による診断  診断の流れ
被害組織からの分離、培養による診断      電子顕微鏡による診断            病害虫診断の流れ

    

水稲病害虫調査 予察灯 予察の目的
      水稲病害虫調査                   予察灯                  予察の目的