ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭農業普及指導センター 令和3年10月5日 蒜山地域園芸振興協議会の実証ほを巡回

令和3年10月5日 蒜山地域園芸振興協議会の実証ほを巡回

1 内 容
 蒜山地域園芸振興協議会は10月5日、蒜山地内の「ソリダゴ」LED照射実証、「オーロラブラック」早期摘粒実証のほ場巡回を行いました。いずれの実証も現場に普及できる技術として確認でき、野菜や果樹部会の栽培反省会を通じ、実証成果を普及させていくことにしました。
 既に実証が終了していた「だいこん」「トマト」「ミニトマト」「キャベツ」「白ねぎ」の実証ほについては、巡回終了後に普及指導員が取りまとめ成績を報告しました。
 参加者の情報交換では、重いキャベツを収穫するため腱鞘炎が話題となり、「省力・労働作業の軽労化が可能なアシストスーツの検討を行おう」と意見が出るなど、有意義な実証ほ巡回となりました。

2 特記事項・補足事項
 ・蒜山地域園芸振興協議会
  園芸生産農家と関係機関が一体となって、蒜山地域の特性を生かした園芸の生産・販売活動に取り組み、園芸生産農家の経営の安定と所得の向上に努めることを目的にした組織(平成9年設立)。JA晴れの国岡山真庭統括本部、JA各生産部会、普及指導センター、農業研究所高冷地研究室、真庭市で構成される。
高冷地研究室のキャベツ実証試験を勉強

トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭農業普及指導センター 令和3年10月5日 蒜山地域園芸振興協議会の実証ほを巡回