ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 健康推進課 がん検診を受けましょう!

がん検診を受けましょう!

 がんは、昭和57年以降、継続して本県の死因第1位となっています。令和元年では、がんによる死亡者数は5,691人となっています。

 がんは、生活習慣・生活環境の改善により予防できるものがあることがわかってきており、また、早期発見・早期治療を徹底することで死亡数を減少させることができる病気です。

 予防としては、リスク要因を減らす対策が必要であり、またがんを早期に発見し、適切な治療を行うため、がん検診を受診することが大切です。

がんの予防

 がんは、生活習慣・生活環境の改善により予防できるものがあることがわかってきており、リスク要因を減らす方法として「日本人のためのがん予防法」が示されています。

【日本人のためのがん予防法】
~現状において日本人に推奨できる科学的根拠に基づいたがん予防法~
1 たばこは吸わない。
2 他人のたばこの煙を避ける。
3 飲酒する場合は、節度のある飲酒をする。
4 食事は偏らずバランス良くとる。
  ・塩蔵食品、食塩の摂取は最小限にする。
  ・野菜や果物不足にならない。
  ・飲食物を熱い状態でとらない。
5 日常生活を活動的に過ごす。
6 成人期での体重を適正な範囲で管理する。
7 肝炎ウイルスの検査を受け、感染している場合は専門医に相談する。
8 機会があれば、ヘリコバクター・ピロリの検査を受ける。

(出典:国立がん研究センター「科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究」)

がん検診

 がん検診の目的は、がんを早期に発見し、適切な治療を行うことで、がんによる死亡率を減少させることです。

 現在、科学的根拠に基づく有効とされているがん検診は、胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮頸がんの5つのがんで、県内の市町村で受診することができます。

 がん検診の内容、日程、料金などはお住まいの市町村がん検診担当窓口へお尋ねください。
※コロナ禍でも、がん検診を受けましょう!

がん検診受診啓発チラシ

県内の各地域、各団体により様々な普及啓発の取組が行われています。

特定健診・特定保健指導に関するリンク

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 健康推進課 がん検診を受けましょう!