ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター R3年11月 しゃくやくの株分けによる面積拡大

R3年11月 しゃくやくの株分けによる面積拡大

しゃくやくの株分けによる面積拡大

 JA晴れの国岡山びほく花木生産部会は11月18日、高梁市備中町のしゃくやく廃作予定ほ場から株の堀り上げを行いました。この株は3~4分割し、新規または増反希望者に安価で譲渡されます。
 高梁市のしゃくやくは昭和47年に転作作物として導入され、現在では地域特産花きとして定着しています。新規に栽培を始めるには苗の購入費が高いため、部会ではアンケート調査により、高齢などを理由に廃作を希望する農家と新規または増反希望者とをマッチングし、産地の維持を図っています。
ミニショベルでしゃくやくを堀り上げ
堀り上げたしゃくやくの株

トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター R3年11月 しゃくやくの株分けによる面積拡大