ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 新見農業普及指導センター イノシシ対策!柵設置を指導しました

イノシシ対策!柵設置を指導しました

 新見普及指導センターは、3月18日、農業者からの相談を受け、イノシシ対策のワイヤーメッシュ柵設置について指導しました。地面と柵との間に少しでも隙間があると侵入されてしまうため、柵をしっかりと固定することや、執着がひどい場合には捕獲を検討すること等について説明しました。

 農業者からは「イノシシ被害で農作物がダメになるのは悲しいので、何とか対策していくしかない」と唇を噛みながらも、前向きな言葉が聞かれました。

 新見地域は中山間地であるため、年間を通じて、イノシシを始めとした野生鳥獣による農作物の被害が多発しています。農業者の被害対策への意識は高く、今回のように何とかして被害を食い止めようと奮闘する姿を良く見かけます。普及指導センターは今後も、地域内の鳥獣被害が少しでも減るように農業者に対する指導・支援を続けていきます。 

柵設置の指導中


トップページ 組織で探す 備中県民局 新見農業普及指導センター イノシシ対策!柵設置を指導しました