ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 備南広域農業普及指導センター 農業の魅力を発信。「はたらく農機具 春の写生大会」を開催(2022年3月25日)

農業の魅力を発信。「はたらく農機具 春の写生大会」を開催(2022年3月25日)

1 内  容
 きびじ農業後継者クラブは、3月20日、「あつまれ総社キッズ!はたらく農機具 春の写生大会!~のっちゃえ!かいちゃえ!さわっちゃえ!~」を初めて開催し、総社市内の小学生約60名が参加しました。
 このイベントは、農業従事者の高齢化等、農業分野が抱える課題に対して、地域の未来ある子供たちに農業の魅力を伝えるとともに、地域全体で「総社農業」を盛り上げたいという思いから、クラブ員が企画したものです。
 イベントでは、クラブ員が普段使用しているトラクターや乗用草刈り機、高所作業車等の説明を行い、小学生からは「めっちゃかっこいい」、「これに乗って仕事したい」等の声があがっていました。また、解説の後には、気に入った農機具の写生が行われ、小学生は熱心に絵を描いていました。
 きびじ農業後継者クラブは、今回のイベントが大盛況となったことから、毎年恒例で開催することを考えています。また、令和4年には、ももの収穫体験等、小学生を対象とした農業体験も予定しています。備南広域農業普及指導センターは、小学生に農業をより身近に感じてもらえるよう、これらのイベントの開催を支援していきます。
農機具について解説するクラブ員
総社市長賞に選出された作品

トップページ 組織で探す 備中県民局 備南広域農業普及指導センター 農業の魅力を発信。「はたらく農機具 春の写生大会」を開催(2022年3月25日)