ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 教育委員会 教育政策課 文書の取扱いを見直しました

文書の取扱いを見直しました

文書の取扱いを見直しました

岡山県教育委員会では、令和4年4月1日をもって、文書への公印等の押印について、次のように見直しました。御理解と御協力を頂きますようお願いいたします。

公印を押印する場合を限定しました

事務合理化のため、法令上必要なもの、相手方の権利義務等に直接影響するもの、各種証明書等、必要性が高いと考えられる文書を除き、原則として公印を押印しないこととしました。

公印を押印しない文書に「公印省略」と表記しません。

公印を押印しない場合に、発信元を示す部分に、「公印省略」と表記しておりましたが、この表記をとりやめました。

県が作成する公文書の「契印」を廃止しました

契印は、「契」の字をかたどった印鑑です。
公印を押印する文書の上部に押印していましたが、契印の押印を廃止しました。

「契印」イメージ図

 


トップページ 組織で探す 教育委員会 教育政策課 文書の取扱いを見直しました