ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 備南広域農業普及指導センター ぶどうの女王「マスカット・オブ・アレキサンドリア」初出荷(2022年6月2日)

ぶどうの女王「マスカット・オブ・アレキサンドリア」初出荷(2022年6月2日)

1 内  容
 6月1日、倉敷市船穂と総社市で「マスカット・オブ・アレキサンドリア」(以下、アレキ)の出荷が始まりました。今回出荷された「アレキ」は12月下旬頃からハウスを加温して栽培されたものです。今年は昨年8~9月の曇天や、春先の周期的な気象変動の影響が懸念されましたが、普及指導センターは、JAや全農と連携し、講習会や巡回を重ね、気象や生育状況に応じた管理を呼びかけました。生産者は、細やかな栽培管理を行い、高品質な「アレキ」に仕上がりました。「アレキ」の出荷は無加温作型が出荷される9月頃まで続く予定です。
 生産者は、「見た目も味も気品あふれるアレキが生産できた。ぜひ味わってほしい。」と話しています。
2 特記事項・補足事項
 ・JA晴れの国岡山船穂町ぶどう部会は、令和3年度に日本農業賞大賞を受賞。
出荷された「マスカット・オブ・アレキサンドリア」
選果の様子
事前に糖度を確認

トップページ 組織で探す 備中県民局 備南広域農業普及指導センター ぶどうの女王「マスカット・オブ・アレキサンドリア」初出荷(2022年6月2日)