ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 備南広域農業普及指導センター 倉敷地域6次化ふぇを各市町で開催(2022年7月22日)

倉敷地域6次化ふぇを各市町で開催(2022年7月22日)

1 内  容
 備南広域農業普及センターは、7月4日に倉敷市、7月13日に総社市、7月20日に早島町で「倉敷地域6次化ふぇ」を開催しました。
 市町、農協、商工会議所、商工会、県の6次産業化担当者が集まり、各々の職域での6次産業化の取組や6次化事業者への対応状況を共有しました。
 市町を巡回しての開催は、昨年度に続き2年目で、具体的な取組や対象者を念頭に地域の実情に即した情報交換ができました。
 各機関から、生産・加工・販売のすべてを農業者が直接行うのは、設備投資や労働力の面でハードルが高く、農商工連携で進めるのが近道であるとの発言が多く聞かれたため、今後、地域の商工業者との連携も取り入れて商品開発につなげていく活動に取り組みます。
 2月頃には、倉敷地域全体の「6次化ふぇ」を開催する予定で、今年度推進した結果を報告し、地域農産物の活用を一層図っていきます。
2 特記事項・補足事項
 出席者
 (7月4日)9名:倉敷市、JA晴れの国岡山倉敷かさや広域営農経済センター、倉敷商工会議所、玉島商工会議所、つくぼ商工会、県(農林水産総合センター、
          備中局農業振興課、普及指導センター)
 (7月13日)8名:総社市、JA晴れの国岡山岡山西広域営農経済センター、総社商工会議所、総社吉備路商工会、県(農林水産総合センター、普及指導セン
           ター)
 (7月20日)7名:早島町、JA晴れの国岡山岡山西広域営農経済センター、つくぼ商工会、県(農林水産総合センター、普及指導センター)
6次化ふぇの様子(総社市)

トップページ 組織で探す 備中県民局 備南広域農業普及指導センター 倉敷地域6次化ふぇを各市町で開催(2022年7月22日)