ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 教育委員会 教員免許更新制について 

報道発表資料(教育委員会)

公立学校一覧

市町村教育委員会一覧

 

教育長バナー

教育委員会
県立学校入試・転入学
教員免許状・採用情報
授業料・奨学金
申請・手続
家庭・地域の皆さま向け資料
教職員向け資料
各種計画・プラン
各種審議会・会議
学校一覧・調査・統計
相談窓口

教員免許更新制について 

※申請書類を持参される方へ

新型コロナウイルス感染症対策としての待機スペースの確保が困難なため、受け取りのみとさせていただきます。
不備等がある場合は、後日連絡いたします。
なお、できる限り、郵送での提出に御協力ください。

更新講習受講対象者及び延期(延長)対象者であるかを必ず確認してください。

ただし、所属によって、職名の設定が異なるため、下記一覧に掲載されていても、該当しない場合があります。
特に、保育教諭として採用されても現在保育所で勤務している方は、保育士として判断されることがありますので、御注意ください。
※下の概要を参考に手続きを行ってください。
 なお、申請書は、下の「申請様式等」からダウンロードして御使用ください。
 (新免許状所持者用と旧免許状所持者用に分かれていますので、御注意ください。)

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う教員免許状の
修了確認期限の延期(有効期間の延長)について

教員免許更新制の概要等

概要

教員免許状の有効期間(修了確認期限)の確認について

更新手続の流れ

※新免許状・旧免許状の区別に注意してください。

免許状更新講習について

必修領域6時間以上、選択必修領域6時間以上、選択領域18時間以上の計30時間以上受講する必要があります。

【選択領域の受講のしかたについて】
・新免許状の場合
  所有する免許状の種類(教諭、養護教諭、栄養教諭)に応じた講習をそれぞれ受講してください。
  ※種類の異なるすべての免許状を更新するためには、それぞれの対象職種に対応した更新講習をそれぞれ18
  時間受講するか、複数の対象職種に対応した更新講習を18時間受講する必要があります。

・旧免許状の場合
  現在就いている職(教諭、養護教諭、栄養教諭)または今後就くことを希望する職に応じた講習を受講してく
 ださい。

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、講習の実施方法を変更している場合があります。詳細は講習開設大学等のホームページで確認してください。
【参考】教員免許更新講習開催岡山県内大学等
          


※更新講習の受講申込に当たっては、受講対象者であることの証明(公印のあるもの)が必要です。
 受講申込に当たり、岡山県教育委員会の証明が必要な場合は次のリンク先をご覧いただき、手続を行ってください。
 (岡山県教育委員会採用の教員として勤務していた方、岡山県教育委員会で講師登録をしている方等)
※証明書の発行は、基本、月末までに届いたものについて、不備がなければ、受付日の月末付けの日付で、翌月末の発行となります。
 また、12月・1月は受付が集中しますので、不備連絡まで時間を要する可能性があります。
 余裕をもっての申請手続きをお願いします。

申請様式等

※岡山県収入証紙は3,010円分、切手は300円分必要です。
※新免許状と旧免許状で申請書の様式が異なります。誤りのないよう注意してください。
※「必要書類チェックリスト」を十分確認し、書類の不足、押印漏れ、記入漏れのないよう注意してください。
※各種証明書の発行は、受付月の翌月末発行(不備がなければ)となります。
岡山県教育委員会が申請先となるのは次の場合です。
・岡山県内の学校、幼稚園、幼保連携型認定こども園に勤務している方
・上記以外で、住所地が岡山県内の方

新免許状所持者用(平成21年4月1日以降に初めての教員免許状を授与された方)

※新免許状所持者の方で、有効期間を経過している方は免許状が失効していますので、新たに免許状を取得する必要があります。
 「教員免許状について」画面から申請書をダウンロードして、新たな免許状の申請を行ってください。
●新免許状所持者で、有効期間を経過していない方
 【講習の修了による更新】

※更新手続きは、有効期間の2か月前までです。2か月前までに手続きが完了していない場合は、現在お持ちの免許状は失効となります。有効期間経過後に新しい免許状の申請を行ってください。
●新免許状所持者で、免除申請される方
 【講習の受講免除による更新】

※校長・副校長・教頭・主幹教諭等職にあるものとして免除申請される方は、免除申請集中受付期間での申請をお願いします。その期間に申請できなかった場合につきましても、12月・1月の期間を避けて、できるだけ早く申請をお願いします。
●新免許状所持者で、延長申請される方
 【有効期間の延長】

※延長申請をした場合、更新講習受講期間も延長されますので、既に受講した更新講習の証明書が無効となる可能性があります。十分にご注意ください。

旧免許状所持者用(平成21年3月31日までに授与された免許状をお持ちの方)

●旧免許状所持者で、修了確認期限を経過していない方
 【修了確認】
※修了確認期限を過ぎている方は、こちらの申請書では申請できません。下の回復の申請書をご使用ください。
 なお、修了確認期限日に教員等(免許が必要な職)として勤務していた方は、免許を返納することとなっています。速やかに免許を返納して、免許の取得を希望される方は、新規免許状の発行手続きを行ってください。
●旧免許状所持者で、免除申請される方
 【講習の受講免除の認定】

※校長・副校長・教頭・主幹教諭等の職にあるものとして免除申請される方は、免除申請集中受付期間での申請をお願いします。その期間に申請できなかった場合につきましても、12月・1月の期間を避けて、できるだけ早く申請をお願いします。
●旧免許状所持者で、延期申請される方
 【修了確認期限の延期】

※延期申請をした場合、更新講習受講期間も延期されますので、既に受講した更新講習の証明書が無効となる可能性がありますので、十分ご注意ください。
●旧免許状所持者で、修了確認期限を経過してる方
 【改正法附則第2条第3項第3号の確認】(回復)

 ※修了確認期限日に教員等(免許が必要な職)として勤務していた方は、免許を返納することとなっています。速やかに免許を返納して、免許の取得を希望される方は、新規免許状の発行手続きを行ってください。
修了確認期限経過後に申請する場合は、こちらの申請書を使用してください。
※更新講習の最初の履修認定日から2年2か月以内に申請してください。
※お急ぎの方は御連絡ください。

☆証明書の再交付

※お急ぎの方は御連絡ください。

岡山県収入証紙購入方法

【岡山県内で岡山県収入証紙を購入する場合】
【郵送で岡山県収入証紙を購入する場合】

(1)必要証紙の金額を記載したメモ(例えば 更新申請の場合 1件 3,010円)
(2)現金(収入証紙の代金)
(3)392円分(令和元年10月1日返信分からは404円分)の切手を貼った返信用封筒(定型封筒に購入者の住所・氏名を記入したもの)

以上のものを現金書留の封筒に入れ、次のあて先まで郵送(現金書留)してください。
なお、郵送販売について不明な点があれば、岡山県庁物資部(086-224-1123)までお問い合わせください。

(収入証紙購入のあて先)
〒700-8570
岡山市北区内山下二丁目4番6号
 岡山県庁物資部

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 教育委員会 教員免許更新制について