ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 報道発表資料 > 県内酒蔵がフランス・パリで開催される「第8回サロン・デュ・サケ」に出展します。

本文

県内酒蔵がフランス・パリで開催される「第8回サロン・デュ・サケ」に出展します。

印刷ページ表示 ページ番号:0811453 2022年9月28日更新マーケティング推進室
「県産日本酒のブランディング・プロモーション事業」の一環として、パリで開催される「サロン・デュ・サケ」に県内7酒蔵が参加し、現地でプロモーション事業等を実施しますので、お知らせします。
        記
1 「第8回サロン・デュ・サケ」の概要
(1)開催期間
   2022年10月1日(土曜日)~3日(月曜日)
   ※うち、酒蔵が参加するのは10月2日(日曜日)~3日(月曜日)の2日間
(2)場所
   NEW CAP Event Center(1-13 quai de Grenelle 75015 パリ)
(3)プロモーションの内容
   県内12酒蔵のフランスにおけるプロモーション銘柄の試飲及び販売
※「サロン・デュ・サケ」とは
   ヨーロッパ最大級の日本酒と日本飲料の交流イベントで、2013年以降、今年を含め8回開催されている。期間中は、セミナーやワークショップ、パネルディスカッションなども行われる。
   <第7回入場者数:3,352人(うち2,548人は飲食のプロフェッショナル)>
   
2 参加酒蔵(7蔵)
  宮下酒造、板野酒造本店、室町酒造、十八盛酒造、嘉美心酒造、三光正宗、辻本店