ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総合政策局 > 統計分析課 > 就業構造基本調査

本文

就業構造基本調査

印刷ページ表示 ページ番号:0826157 2022年8月18日更新統計分析課

令和4年就業構造基本調査

御回答ありがとうございました。

調査の概要

 就業構造基本調査は、国民の就業及び不就業の状態を調査し、全国及び地域別の就業構造の実態を明らかにすることを目的として、総務省が実施する調査です。
 昭和31年(1956年)の第1回調査以来ほぼ3年ごとに、57年(1982年)以降は5年ごとに実施しており、今回の調査で18回目になります。
 調査の対象は、無作為に選定された全国約54万世帯の15歳以上の世帯員で、岡山県では約1万世帯の15歳以上の世帯員を対象に、令和4年10月1日現在を期日として実施されました。
 調査の結果は、令和5年7月に公表される予定で、雇用政策、経済政策など、国や地方公共団体における各種行政施策の企画・立案のための基礎資料となります。



◇調査の詳細は、総務省統計局のホームページで御確認ください。

過去の調査結果

平成29年就業構造基本調査

平成24年就業構造基本調査

平成19年就業構造基本調査

平成14年就業構造基本調査