ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 農林水産部 組合指導課 農業制度資金のしくみ

農業制度資金のしくみ

(1)農業制度資金とは

 農業制度資金は、国、県及び市町村が、政府系金融機関(株式会社日本政策金融公庫)を通じて資金を融通したり、民間金融機関(農業協同組合など)の貸付に対して利子補給等をすることで、低金利で中長期に借入れ可能な資金です。
 また、資金によっては一定の要件で債務保証制度(無担保・無保証人)が利用可能です。(債務保証は、岡山県農業信用基金協会が行います。)

(2)農業制度資金の特徴

 農業制度資金は、行政機関による利子補給等を受けるため、通常の融資審査にはない行政機関による事業計画審査等の手続きが必要となりますので、農業制度資金の利用にあたっては、ご留意ください。

  • 資金の使途は、農業投資に限定
  • 借受資格者の要件あり(認定農業者、一定の農業収入がある農業者など)
  • 合理的で具体的な資金計画を立てる必要あり
  • 借入相談から貸付決定までに約2か月程度の期間が必要(お急ぎの場合は、金融機関にご相談を → クイック融資
  • 最終的な融資の可否は各金融機関が判断
     

      ◯ 制度資金借入に当たっての留意点 [PDFファイル/746KB] 

      農業制度資金の制度概要 [PDFファイル/67KB]

      ◯ 利子補給制度のしくみ [PDFファイル/91KB]

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 農林水産部 組合指導課 農業制度資金のしくみ