ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 農林水産部 畜産課 豚熱(CSF)国内発生に関する情報

豚熱(CSF)国内発生に関する情報

国内で豚熱(CSF)が発生しています

2018年9月に岐阜県で発生した豚熱(CSF)が愛知県など他府県にも拡大しています。

豚熱(CSF)は、豚といのししの病気であり、人に感染することはありません。また、感染豚の肉が市場に出回ることはありません。

岡山県の対応について

 現在のところ、県内養豚場では豚の異状は確認されていません。
 飼養衛生管理基準の遵守について、引き続き指導しています。

県内養豚農場の皆様へ

・野生動物侵入防止対策は万全ですか?農場の点検・確認は日頃から行うようにしてください。
・ウイルスの持ち込み防止のため、豚舎周囲等への消毒の徹底をお願いします。
・衛生管理区域専用の衣服、靴の使用及び消毒の徹底をお願いします。
・本病に対する厳重な警戒をお願いします。

消費者の方へ

豚熱(CSF)は人に感染しません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 農林水産部 畜産課 豚熱(CSF)国内発生に関する情報