ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 健康推進課 結核予防週間

結核予防週間

結核予防週間について

国において9月24日~9月30日までの一週間は「結核予防週間」と定め、国民の結核に対する意識の更なる向上を図ることとされています。本県においても、「令和3年度結核予防週間実施要領」を定め、結核予防週間を契機として啓発活動を実施します。

令和3年度の結核予防週間における標語『結核は、過去の病じゃありません。』

2020年に全国では、1万2千人余りの人が結核を発病し、2千人近くの人が亡くなっています。岡山県においては、年間150人余りの新登録結核患者が発生しています。

全国と同様に、岡山県の結核患者の多くは高齢者を占めており、若い世代では、高まん延国から来た外国生まれの患者が多い状況です。
結核について
結核患者のハイリスク層

結核健診での早期発見や医療機関での早期治療が大切です!

結核は早期発見、早期治療で重症化や周囲への感染を防ぐことができます。
・タンの絡む咳
・微熱・身体のだるさが2週間以上続く
・体重減少
・食欲がない
などの症状が続く場合には結核かもしれません。さらに高齢者の場合、結核の症状が出にくいと言われているので注意が必要です。体調に変化があれば早めに医療機関を受診してください。
特に、令和2年度は新型コロナウイルス感染症の影響で、健診の受診控えで結核患者の発見が遅れている可能性も懸念されています。さらに、結核患者の多数を占める高齢者の市町村健診の受診率は元々低い状態が続いています。症状がなくても、毎年胸部レントゲン検査を受け、結核を早期発見することが重要です。
結核定期健康診断受診率の低下

全国一斉に複十字シール運動が展開されています。

複十字シール運動は結核予防週間(9月24日~30日)を中心に、8月1日から12月31日にかけて全国的に展開しています。結核やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)、肺がん等の疾患をなくして健康で明るい社会をつくるために、これらの病気に対する知識の普及と予防意識の高揚を図るとともに、結核がまん延している途上国への援助等のための資金を集める目的で行われています。
皆様の御協力をお願いします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 健康推進課 結核予防週間