ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 岡山県警 警務部県民広報課 開示請求手続き(個人情報保護制度)

開示請求手続き(個人情報保護制度)

個人情報保護制度

 岡山県個人情報保護条例に基づき、公安委員会及び警察本部長が保有する個人情報の開示請求、訂正等請求及び利用停止等請求を行うことができます。

開示請求の手順と必要なもの

  • 保有個人情報開示請求書に必要事項を記入し、受付窓口に提出してください。なお、請求の際は、本人が直接受付窓口で行っていただきますが、本人であることを確認する必要がありますので、運転免許証、旅券、健康保険の被保険者証等の本人であることを証明する書類が必要になります。
  • 病気、身体障害その他やむを得ない理由により、窓口での開示請求が困難であると認める場合に限り、郵送による請求を認めています。
      郵送を希望される方は、事前に県民広報課情報公開室(電話:086-234-0110)までお問い合わせください。
  • 請求の受け付けから原則10日以内に開示・非開示を決定し、決定通知書により通知します。(やむを得ない理由がある場合は、この決定期限を延長することがあります。)
  • 開示の決定をした場合は、閲覧又は写しの交付により保有個人情報の開示を実施しますので、決定通知書を持参の上、指定の日時、場所へお越しください。
  • 開示請求や開示された保有個人情報の閲覧には費用はかかりませんが、写しの交付を希望される場合は、その費用(単色刷1枚につき10円、カラー版1枚につき50円)は、請求者の方の実費負担となります。
  • 決定に不服のある場合は、行政不服審査法により審査請求をすることができます。

 

 ※口頭、Faxや電子メールでの開示請求は受け付けていません。

対象保有個人情報

 公文書に記録されている個人情報であって、自己を個人情報の本人とするものが請求の対象になります。
 条例の規定により、適用除外となるものもあります。詳しくは窓口にお問い合わせください。

非開示情報

 請求された公文書に(1)~(7)の情報が含まれている場合は、非開示となります。
(1) 法令秘情報
(2) 開示請求者本人の生命、健康、生活又は財産を害するおそれがある情報
(3) 開示請求者本人以外の個人情報
(4) 事業活動情報
(5) 公共の安全等に関する情報
(6) 審議、検討又は協議に関する情報
(7) 行政執行情報

訂正等請求、利用停止等請求

  • 開示を受けた保有個人情報に誤りがあると認められる場合は、その訂正(追加、削除)を請求することができます。
  • 開示を受けた保有個人情報が条例に違反にして利用(提供)されていると認められる場合は、その利用停止(消去、外部提供の停止)を請求することができます。

窓口

〒700-8512(郵送の場合は住所の記載は不要です)
 岡山市北区内山下2丁目4番6号
  岡山県警察本部情報公開室(窓口)
     (電話)086-234-0110  

受付日時:月曜日~金曜日(祝日、年末年始を除く。)
      午前9時から正午まで
      午後1時から午後5時まで

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 岡山県警 警務部県民広報課 開示請求手続き(個人情報保護制度)