ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 農林水産部 林政課 木材利用推進に向けた経済連携の取組について

木材利用推進に向けた経済連携の取組について

木材利用推進に向けた経済連携事業

 植林・伐採から木材加工、設計・施工など、木材に関わるあらゆるステークホルダーが連携し、需要と供給の両面から国産木材の利用を促進するため、全国の経済団体と地方公共団体による「木材利用推進全国会議」が令和元年11月に設立され、県も発起人として参画し、経済団体との連携による木材利用の推進に努めることとしています。
 このため、持続可能な森林資源の循環利用が環境や社会に与える価値を共有し、経済団体と連携して、県産材の利用拡大と花粉発生源対策の一体的な取組の推進を図っています。

令和2年度の取組

 県産材の利用促進や花粉発生源対策等に関するPR冊子を作成しました。
冊子

令和3年度の取組み

一般社団法人岡山経済同友会と岡山県共催によるシンポジウムを開催しました。


1 開催日時  令和3年10月12日(火曜日) 10時00分~12時00分
2 開催場所  岡山国際ホテル「瑞光」(岡山市中区門田本町4丁目1-16)
3 開催内容
  一般社団法人岡山経済同友会と岡山県共催シンポジウム
  「森の豊かさが 暮らしの豊かさに、循環型社会を築く 持続可能な木の文化」
(1)特別講演 講師 隈研吾氏(建築家)
   演 題 「持続可能なまちづくり」
(2)パネルディスカッション
   テーマ 「森の豊かさが 暮らしの豊かさに、循環型社会を築く 持続可能な木の文化」
   ●パネリスト
    ・ 隈  研吾氏(建築家)
    ・田中 信行氏(一般社団法人岡山県木材組合連合会会長)
    ・仲田 有志氏(一般社団法人「人杜守」理事)
    ・槙尾 俊之氏(岡山県農林水産部長)
   ●モデレーター
    ・藤木 茂彦氏(一般社団法人岡山経済同友会 SDGS研究・推進会議 座長)

シンポジウムパネル少花粉

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 農林水産部 林政課 木材利用推進に向けた経済連携の取組について