ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 出納局 会計課 請求書・見積書への押印省略について

請求書・見積書への押印省略について

【お知らせ】 請求書・見積書への押印省略について

 行政手続の見直しにより、令和4年4月1日から岡山県に提出いただく請求書及び見積書について、押印省略ができるようになります。
 なお、押印を省略する場合は、当該書類に「発行責任者及び担当者」の氏名、連絡先の記載が必要になります。
 また、これまでどおり押印したものを提出することができます。押印のあるものについては、担当者等の記載は不要です。
1 押印を省略できる書類
   請求書・見積書
  ※法令、要綱等により押印の定めがあるものは対象外となりますので、詳しくは、請求書等の提出先(契約担当課等)にお問い合わせください。
2 押印を省略する場合の注意点
  ・内容確認のため、必要に応じて、記載された連絡先に照会させていただくことがあります。
  ・押印を省略する場合は、当該書類に「発行責任者及び担当者」の氏名(フルネーム)、連絡先(電話番号等)を記載してください。
   ・発行責任者とは、役職にかかわらず、請求書等を発行するにあたり責任を有する方になります。
  ・連絡先は、固定電話番号が好ましいですが、日中つながりにくいなどの場合、携帯電話番号又は電子メールアドレスでも差し支えありません。
3 請求書・見積書の提出方法
    ・郵送や持参による方法以外に、電子メールやファックスでも提出は可能ですが、文字等が不鮮明なものについては、受理することができない場合があります。
  ・オープンカウンターによる物品調達(本庁分)では、書面での提出をお願いします。
  ・電子メールやファックスにより提出される場合は、提出先(契約担当課等)に事前に御確認ください。
  ・電子メールにより提出される場合は、添付ファイルをPDFにするなど、書き換えができない状態で送信してください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 出納局 会計課 請求書・見積書への押印省略について