ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 ワクチン対策室 副反応疑い報告の状況について

副反応疑い報告の状況について

副反応疑い報告の概要

 国が、ワクチンの接種後に生じうる副反応を疑う事例について、医師又は医療機関の開設者に報告をお願いし、因果関係が不明な場合も含めて、副反応を疑う事例として広く情報収集しています。
  報告された事例は、国の審議会に報告され、専門家による評価を行います。国は、こうした結果を公表するなどして、安全性に関する情報提供などを行っていきます。

お


○報告の主体
 
報告の対象となる症状の発生を知った、医師又は医療機関の開設者は、予防接種法第12条に基づき、国に報告しなければならないこととされています。
 
○報告の基準
 
報告の対象となる症状は次のとおりです。
■アナフィラキシー(ワクチンとの関連によらず、接種後4時間以内に発生した場合が報告の対象)
■血栓症(血栓塞栓症を含む。)(血小板減少症を伴うものに限る。)(ワクチンとの関連によらず、接種後28日以内に発生した場合が報告の対象)
■心筋炎(ワクチンとの関連によらず、接種後28日以内に発生した場合が報告の対象)
■心膜炎(ワクチンとの関連によらず、接種後28日以内に発生した場合が報告の対象)
■医師が予防接種との関連性が高いと認める症状であって、以下に該当するもの(予防接種との関連性が高いと医師が認める期間に発生した場合が報告の対象)

 ・入院治療を必要とするもの
 ・死亡、身体の機能の障害に至るもの
 ・死亡若しくは身体の機能の障害に至るおそれのあるもの

ワクチン接種との因果関係が示されていない症状も含め、幅広く評価を行うため、当面の間、以下の症状について、報告を積極的に検討することとなっています。
  けいれん、ギラン・バレ症候群、急性散在性脳脊髄炎(Adem)、血小板減少性紫斑病、血管炎、無菌性髄膜炎、脳炎・脳症、関節炎、脊髄炎、顔面神経麻痺、血管迷走神経反射(失神を伴うもの)

新型コロナワクチンの副反応疑い報告について (外部サイトへリンク)

医師等の皆さまへ~新型コロナワクチンの副反応疑い報告のお願い~(外部サイトへリンク)

全国の副反応疑いの報告の状況

厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会及び薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会の合同会議が、令和4年9月2日に開催されており、新型コロナワクチンにおいて、予防接種開始後より令和4年8月7日までに副反応疑いとして国に報告された事例は以下のとおりとなっています。

○ワクチン種別ごとの報告件数について   ※令和4年8月7日までの報告件数
国

厚生労働省厚生科学審議会(予防接種・ワクチン分科会 副反応検討部会)の資料一覧(外部サイトへリンク)

国から情報提供された岡山県内の副反応疑い報告の状況について

○ワクチン種別ごとの報告件数について   ※国から令和4年9月20日までに情報提供があったもの

県


トップページ 組織で探す 保健福祉部 ワクチン対策室 副反応疑い報告の状況について