ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 農林水産部 畜産課 蜜蜂への農薬被害の対策・対応について

蜜蜂への農薬被害の対策・対応について

蜜蜂への農薬被害の発生は、水稲のカメムシ防除の時期(7月下旬~8月頃)に多くなっています。

被害を軽減させるために、以下の対策を実施することが有効です。

○近隣での農薬使用者と養蜂農家の間の情報共有
○巣箱の設置場所の工夫・退避
○巣箱の日陰への設置や水飲み場の確保等により、巣箱内の温度上昇を抑制するなど、蜜蜂に影響がない状況下での巣箱の網掛け
○農薬の使用の工夫(粒剤の使用や、蜜蜂の活動が盛んな時間の使用を避ける等)
飼養している蜜蜂に別紙1に示すような状態が見られた場合、お住まいの地域を管轄する県民局農畜産物生産課畜産班または家畜保健衛生所へご連絡をお願いします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 農林水産部 畜産課 蜜蜂への農薬被害の対策・対応について