ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 土木部 防災砂防課 災害復旧事業
トップページ 組織で探す 土木部 防災砂防課 災害復旧事業

災害復旧事業

 岡山県は、地理的、気象的に恵まれ、穏やかな気候、風土が知られていますが、これまでにも、梅雨前線や台風に伴う豪雨により、大きな被害が発生する災害に見舞われています。
 近年では、平成23年9月の台風12号豪雨等により、県北部を中心に公共土木施設被害が40億円に達しました。また、平成30年7月豪雨では、公共土木施設被害が350億円にのぼる甚大な被害がありました。
 公共土木施設に係る災害は、県民生活に多大な影響を与えることから、施設の早期復旧に努めており、災害発生から原則3年間で復旧を完了します。

1.過去の災害発生状況(公共土木関係)

2.災害復旧状況

3.災害復旧事業における統一事項

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 土木部 防災砂防課 災害復旧事業
トップページ 組織で探す 土木部 防災砂防課 災害復旧事業