ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 長寿社会課 認定特定行為業務従事者認定申請関係様式

認定特定行為業務従事者認定申請関係様式

認定特定行為業務従事者の申請について

認定証申請関係様式について

介護職員等が「認定特定行為業務従事者」の認定を受けていても、事業所が「登録特定行為事業者」の登録を受けていないと、その事業所で喀痰吸引等を行うことはできないのでご注意ください。
【添付書類について留意事項】
(1)住民票
 ・氏名・住所・生年月日が記載されたもの(住民票の写しとは市町村が発行した原本のことで、コピーでは不可です。)
 ・マイナンバーが記載された住民票は受付できません。
(2)戸籍抄本
 ・氏名変更の場合にご提出ください。
(3)喀痰吸引等研修修了証明書
 ・登録研修機関が発行した修了証明書のコピーを添付してください。(基本研修修了証明書・実地研修修了証明書は不要)

認定特定行為業務従事者認定証の原本証明について

介護福祉士国家試験の受験資格の確認及び、介護福祉士の登録証に喀痰吸引等行為を付記申請する場合で、公益財団法人社会福祉振興・試験センターに、認定特定行為業務従事者認定証の写しの提出が必要な際は、都道府県による原本証明が必要です。
【添付書類】
・岡山県収入証紙750円
・本人確認書類(免許証の写し等)
・認定特定行為業務従事者認定証の原本
・返信用封筒(角形2号)
 140円切手を貼り、原本証明及び認定特定行為業務従事者認定証を返送する住所・氏名を記載したもの

トップページ 組織で探す 保健福祉部 長寿社会課 認定特定行為業務従事者認定申請関係様式