ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 県民生活部 > 国際課 > パスポート Japanese Passports

本文

パスポート Japanese Passports

印刷ページ表示 ページ番号:0662673 2023年11月1日更新国際課

新着情報

新型コロナウィルス感染症について

新型コロナウイルス感染症に関する海外渡航関連情報については、外務省の海外安全ホームページをご覧ください。
感染症危険情報レベル、検疫強化対象地域及び入管法に基づく入国制限対象地域は刻々と変わっていますので、常に最新の国の情報を確認してください。

●皆さまへ協力のお願い
・ パスポートの申請や受取の際は、ご本人確認が必要なため、帽子やマスクを外していただくようお願いしています。
  職員がお声かけしますので、ご協力をお願いいたします。
・ 手洗い等の感染症対策にご協力ください。
・ 咳やくしゃみをされる際は、マスク、ハンカチ、ティッシュ、上着の内側や袖などで口をしっかりと覆う「咳エチケット」にご協力ください。
・ 風邪のような症状のある方は申請をお控えください。

旅券の申請・交付について

お知らせ

●令和5年10月1日から岡山県における県分の旅券発給手数料の納付方法が変わりました。詳しくは、こちらをご覧ください。
●令和5年10月1日以降にオンライン申請(電子申請)をされた方はクレジットカードオンライン納付ができるようになりました。
●令和5年3月27日から、岡山県内の一部の窓口で、パスポートの更新の申請がオンラインでできるようになりました。詳しくは、こちらをご覧ください。
●戸籍の確認が必要な方については、これまで戸籍謄本ないし戸籍抄本のいずれか1つの提出が必要でしたが、令和5年3月27日以降の申請については、「戸籍抄本」での受け付けはできなくなり、「戸籍謄本」の提出が必要になります。
●令和5年3月27日から、申請書の様式が変更されます。古い様式の申請書は使用できませんので、新しい申請書((令和五年三月改正)の記載のあるもの)を使用して申請してください。
●令和5年3月27日から、旅券の査証欄(ビザページ)に余白がなくなった場合の増補制度が廃止されますが、低額な費用で、有効期間が元の旅券の残存有効期間と同じ「残存有効期間同一旅券」を申請することができます。あるいは、切替申請として新たな旅券(5年又は10年の有効期間)の発給申請をしていただくこともできます。
●令和5年3月27日以降に旅券を申請したものの、発行後6か月以内に受領せずに同旅券が失効した場合で、失効後5年以内に新たな旅券を申請する際は、手数料が通常より高くなりますので、御留意願います。
●未成年者の旅券発給申請における注意点(発給不同意など)
未成年の子どもに係る日本国旅券の発給申請については、親権者である両親のいずれか一方の申請書裏面の「法定代理人署名」欄への署名により手続を行っています。ただし、旅券申請に際し、もう一方の親権者から子どもの旅券申請に同意しない旨の意思表示があらかじめ都道府県旅券事務所や在外公館に対してなされているときは、旅券の発給は、通常、当該申請が両親の合意によるものとなったことが確認されてからとなります。
●「民法の一部を改正する法律」(平成30年法律第59号)附則第15条第2号による旅券法の一部改正に伴い、同改正民法の施行日である令和4年4月1日以降は、18歳以上の方は有効期間が10年の旅券を申請することができます。 
●旅券の旧姓併記について
令和3年4月1日から、旅券への旧姓併記の適用要件が緩和されました。
旅券に旧姓の併記を希望する場合、戸籍謄本、旧姓が記載された住民票の写し又はマイナンバーカードのいずれかで旧姓を確認できれば、旧姓を併記することができます。また、旅券面に記載される場合、旧姓は「旧姓/Former surname」の括弧書きの説明が付記されます。
●申請者署名欄の廃止について
令和2年12月28日の旅券法施行規則の改正に伴い、申請書裏面の申請者署名が不要になりました(未成年者及び成年被後見人の場合は、これまでどおり法定代理人署名が必要です)。

年末年始やゴールデンウィークは原則パスポートの申請や受取ができません

 年末年始(12月29日から1月3日)及び祝休日は原則として市町村及び県のパスポート窓口はお休みです。
 パスポートの手続きは、住民登録のある市町村で行っており、申請から受取まで、土曜日、日曜日、祝休日を除いて1週間から10日程度かかります。
 海外へ渡航する予定のある方は、日数に余裕をもって手続きをしてください。

パスポート更新(切替)のオンライン申請(電子申請)

「パスポートダウンロード申請書」もご利用いただけます

※ オンラインでの申請ではありません。

命の次に大切なパスポート

パスポート窓口

パスポートの窓口は、市役所・町村役場等に設置されています。
申請者の住所又は居所の所在地を管轄する市町村の窓口で手続きをしてください
ただし、岡山市は岡山県岡山国際交流センター(北区奉還町)のほか5カ所に窓口を設置していますが、市役所本庁舎(北区大供)には設置していませんのでご注意ください。

また、令和5年3月27日から開始される「パスポート更新(切替)のオンライン申請」ができる窓口についても、こちらでご確認ください。

各市町村のパスポート窓口一覧

緊急発給(海外で親族が事故に遭った等の理由により緊急に旅券が必要な場合)・早期発給については、岡山県が取り扱いますので、国際課海外渡航班(Tel:086-256-1000)にお問い合わせください。

市町村への申請では出発に間に合わない方(早期発給制度)

申請の種類

新規申請

・初めてパスポートを取得する場合
・パスポートの有効期限が切れて、新たにパスポートを取得する場合
・有効期間内のパスポートをお持ちの方で次の場合
  1.残存期間が1年未満になった
  2.氏名、本籍の都道府県、性別又は生年月日に変更が生じた
  3.査証欄が残り少なくなった
  4.著しく損傷した
  5.非ICパスポートからICパスポートに切り替えたい

残存有効期間同一申請

・氏名、本籍の都道府県、性別又は生年月日に変更が生じた場合

・査証欄が残り少なくなった場合

紛失届

・有効なパスポートを紛失、盗難又は焼失された場合

よくある質問とその答え

パスポートQ&A 

統計

外務省・渡航関連情報

                      外務省海外安全ホームページ      

パスポートの取扱い等はこちらをご覧ください。