ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 産業労働部 労働雇用政策課 新しい働き方・休み方が始まっています

新しい働き方・休み方が始まっています

10月は「年次有給休暇取得促進期間」です。

年次有給休暇取得促進バナー

年次有給休暇を活用して岡山県の魅力に触れよう!
~地域が一体となって年次有給休暇の所得促進に取り組みましょう~

岡山労働局チラシ表岡山労働局チラシ裏

10月は「年次有給休暇取得促進期間」です。年次有給休暇を取得しやすい環境づくりに取り組みましょう。
新型コロナウイルス感染症対策として、新しい生活「様式が求められる中、新しい働き方・休み方を実践するためには、計画的な業務運営や休暇の分散化にも資する年次有給休暇の計画的付与制度や、労働者の様々な実情に応じた柔軟な働き方・休み方に資する時間単位の年次有給休暇制度の導入が効果的です。

 詳しくは、岡山労働局雇用環境・均等室(電話 086-225-2017)にお問い合わせください。

年次有給休暇の計画的付与制度を導入しましょう

時間単位の年次有給休暇の活用


年次有給休暇の付与日数のうち、5日を除いた残りの日数については、労使協定を締結すれば、計画的に取得日を割り振ることができる制度です。この制度を導入している企業は導入していない企業よりも年次有給休暇の平均取得率が高くなる傾向にあります。※

 年次有給休暇の付与は原則1日単位ですが、労使協定を締結すれば年5日の範囲内で時間単位の取得が可能となります。

※令和2年就労条件総合調査によると、令和元年の年次有給休暇の計画的付与制がある企業割合は43.2%と前年調査より21.0ポイント増加しています。
※年次有給休暇の取得率については、令和元年度は56.3%と、前年より3.9ポイント上昇し、過去最高となった者の、依然として政府目標である70%とは大きな乖離があります。

 

特別な休暇制度

特別な休暇制度(特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度)とは、休暇の目的や取得形態を労使による話し合いにおいて任意で設定できる法定外休暇を指します。
【 特別な休暇制度例 】
・病気休暇
・ボランティア休暇
・リフレッシュ休暇

トップページ 組織で探す 産業労働部 労働雇用政策課 新しい働き方・休み方が始まっています