ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 農林水産総合センター 畜産研究所 接触冷感マフラーによる子牛の暑熱対策

接触冷感マフラーによる子牛の暑熱対策

近年、夏場の急激な温度上昇や強い日差しが続く日が増えています。
暑熱は、和牛子牛の生産性の低下や事故を招くことから、暑熱対策は重要となっています。
そこで、子牛の暑熱対策として「接触冷感マフラー」を用いた試験及び効果を紹介いたします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 農林水産総合センター 畜産研究所 接触冷感マフラーによる子牛の暑熱対策