ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備前県民局 備前広域農業普及指導センター 緑肥のすき込みで肥料費の削減を目指しています(令和4年5月25日)

緑肥のすき込みで肥料費の削減を目指しています(令和4年5月25日)

 備前広域農業普及指導センターでは肥料の高騰対策や被覆肥料の被膜殻対策として緑肥の活用について実証を行っています。

 昨年の10月14日に10aあたり2kgの種子をドローンで播種した緑肥ペルシアンクローバー「まめ小町」は4月下旬頃に開花、5月25日にすき込みを行いました。

 すき込み前に生草重量を測定すると10aで約6t、窒素の推定供給量は18kgで、利用率を30%としても5.4kgあることから基肥はなしでスタートすることとしています。6月中旬にヒノヒカリを移植する予定です。 

 

 【すき込み直前のペルシアンクローバー】

すき込み直前のペルシアンクローバーの様子


トップページ 組織で探す 備前県民局 備前広域農業普及指導センター 緑肥のすき込みで肥料費の削減を目指しています(令和4年5月25日)