ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 総合政策局 統計分析課 家計調査(令和4年7月分)

家計調査(令和4年7月分)

家計調査

岡山市(二人以上の世帯)における令和4年7月の一世帯当たりの消費支出額(実質)は295,452円で、対前年同月比で13.2%増加している。
消費支出(令和4年7月)
※家計調査は全国の実態を調べるために制度設計された標本調査であり、岡山市においては標本世帯数が少ないため、標本誤差が考えられます。
 結果は、あくまでも参考としてご利用ください。

調査の概要

【利用と目的】
 国民生活の実態を家計収支の面から明らかにすることを目的としています。
 調査結果は国の施策を立てるための資料として、また個人消費の動向の計測や個別商品の需要分析などに広く利用されています。


【調査の対象】
 学生の単身世帯などを除いた全国の世帯を対象としています。
 岡山県では岡山市、津山市、高梁市の143世帯。
(全国では9,000世帯)


【調査時期と周期】
 毎月(選定された調査世帯のうち、二人以上の世帯は6ヵ月間、単身世帯は3ヵ月間)


【調査する事項】
 毎月の収入及び支出に関する事項
 年間収入、貯蓄及び負債の状況に関する事項
 世帯、世帯員及び住居に関する事項

【調査の方法】
 総務省→県→調査員→世帯
 調査員が世帯票(家計簿)を配付し、回収します。

調査結果

過去の調査結果(岡山市)

消費支出(岡山市)

令和4年(2022)

1月

2月3月4月5月6月      
令和3年(2021)

1月

2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
令和2年(2020)1月2月3月

4月

5月6月7月8月9月10月11月12月
平成31年/令和元年(2019)1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平成30年(2018)1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平成29年(2017)1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

※2021年8月に、消費者物価指数が2020年基準に改定されたことに伴い、令和3年1月~令和3年6月実質増減率を遡及改定しました。 


トップページ 組織で探す 総合政策局 統計分析課 家計調査(令和4年7月分)