ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

野 菜

白ねぎ

止め土前の白ねぎ

 共同選果場が整備された平成29年から栽培面積が増加し、真庭市北部地域が8月~10月どり、南部地域が10月~2月どりの白ねぎをリレー出荷しています。共同選果場があるので生産者の選果や調整の手間が省け、大規模化が進み、県下一の産地に成長しました。また、農協から定植機や防除機材の貸出があることから、新規栽培者も取り組みやすく、生産者は毎年増えています。

栽培地域:真庭市全域
収穫時期:8~2月

だいこん

黒ぼく土にマルチが伸びる風景 収穫された蒜山だいこん

 蒜山高原で栽培される「蒜山だいこん」が有名で、11月の一か月限定で出荷される「こだわり大根」は、蒜山高原の厳しい寒さに耐えた甘みの強いだいこんとして、地域を代表する野菜となっています。

栽培地域:真庭市(八束、川上)
収穫時期:6~11月 

キャベツ

機械で植付けられるキャベツ 生育中のキャベツ コンテナ出荷された加工業務用キャベツ

 蒜山高原では夏どりキャベツの栽培が盛んで、近年は加工業務用としての契約栽培も増えています。セル成型苗を利用した全自動移植機が導入され、予冷出荷による鮮度保持も進んでいます。

栽培地域:真庭市(八束、川上)
収穫時期:6~11月

トマト・ミニトマト

大玉トマトの生産者 パック詰めされたミニトマト

 蒜山地域を中心に大玉トマト、蒜山地域や北房地域を中心にミニトマトが雨除けハウスで栽培されています。大玉トマトは「桃太郎トマト」という食味の良い品種にこだわって栽培しており、岡山県のトマトは「桃太郎ブランド」として認知されています。
栽培地域
(トマト):真庭市(川上、湯原、八束、中和)、新庄村
(ミニトマト)真庭市(八束、湯原、川上、中和、美甘、北房)

収穫時期:6~11月

きゅうり

生育中のきゅうり 収穫されたきゅうり

 様々な作型を組み合わせることで長期間にわたって出荷されています。特に9~11月は価格が安定しており、小面積で効率的に収入が得られる品目となっています。また、高品質なきゅうりを安定的に生産するため、品種の検討など積極的に取り組んでいます。

栽培地域:真庭市(北房、落合)
収穫期間:5~11月 

なす

主枝伸長中のなす

 平成30年に共同選果場が整備されたことから、新規栽培者の増加と規模拡大が進んでいます。特に真庭産は品質が高く、県内の他の産地よりも高単価で取引が行われています。

栽培地域:真庭市(久世、落合、北房)
収穫時期:6月下旬~10月

しゅんぎく

収穫間際のしゅんぎく 箱詰めされたしゅんぎく

 通常のしゅんぎくよりも葉が厚くて切れ込みが少ない、大葉しゅんぎくのハウスで摘み取り栽培が盛んです。大葉しゅんぎくは県内でも真庭地域でしか栽培されておらず、全国的にも珍しい品目です。くせが少なくて食べやすいため、冬の鍋物には欠かせません。

栽培地域:真庭市(落合、北房)
収穫時期:11~3月

やまのいも(銀沫)

生育中のやまのいも 形の整ったやまのいも

 勝山地域で栽培されるやまのいもは、「銀沫(ぎんしぶき)」というブランド名で販売されている地域特産品です。すりおろしてから時間が経っても白く、粘りが強いのが特徴です。近年はテレビで紹介されたこともあり、販売開始から数日で完売するほどの人気商品となっています。

栽培地域:真庭市(勝山)
収穫時期:10月下旬~11月