ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 障害福祉課 パラリンピック  岡山県サイト

パラリンピック  岡山県サイト

北京2022冬季パラリンピック

岡山県ゆかりの北京2022パラリンピック冬季競技大会日本代表選手

新田 佳浩(にった よしひろ)選手 西粟倉村出身 クロスカントリースキー・バイアスロン

東京2020パラリンピック

岡山県 東京2020パラリンピック聖火フェスティバルについて

 東京2020パラリンピック聖火の一部となる「岡山県の火」を採火・集火・出立する「東京2020パラリンピック聖火リレー岡山県聖火フェスティバル」を次のとおり開催しました。
 「岡山県の火」は、各都道府県の火及びパラリンピック発祥の地ストーク・マンデビル(イギリス)の火とともに東京都内で集火され、東京2020パラリンピック聖火となりました。
1 名称 東京2020パラリンピック聖火リレー岡山県聖火フェスティバル
2 主催 岡山県、東京2020パラリンピック聖火フェスティバル岡山県実行委員会
3 共催 東京2020組織委員会
4 実施日 令和3(2021)年8月12日(木曜日)~16日(月曜日)
5 内容
(1) 採火 <各市町村で実施>
 令和3(2021)年8月12日(木曜日)から16日(月曜日)の間に、県内27市町村が各市町村の火を採火
市町村における採火の様子は、こちらからご覧いただけます。
【Youtubeサイト】
(2) 集火・出立式 <県実施>
 集火・出立式は、各市町村の火を集火し「岡山県の火」として出立するものです。
 ・日 時 令和3(2021)年8月16日(月曜日) 18時00分~18時20分
 ・場 所 岡山県総合グラウンド陸上競技場
 ・参加者 小谷副知事、パラアスリート3名
 ・内 容 27市町村の火紹介、集火、聖火トーチ点火、出立宣言

※新型コロナウイルス感染拡大状況等を踏まえ、無観客及び参加者を変更・縮小して開催しました。
集火・出立式の様子は、こちらからご覧いただけます。
【Youtubeサイト】

東京2020パラリンピック聖火リレー集火式(東京)

東京2020 組織委員会は、令和3(2021)年8月20日(金曜日)東京2020パラリンピック聖火リレーの集火式を迎賓館赤坂離宮で実施しました。
東京2020パラリンピック聖火リレーのコンセプトである「Share Your Light(シェア ユア ライト)/ あなたは、きっと、誰かの光だ。」のもと、パラリンピックを応援する全ての人々の熱意とともに日本各地で採火された47の炎と、パラリンピック発祥の地であるイギリスのストーク・マンデビルの火が一つになり、東京2020 パラリンピック聖火が誕生しました。

集火式では、「岡山県の火」も映像で紹介されました。
東京での集火式の様子は、こちらからご覧いただけます。
【Youtubeサイト】

岡山県ゆかりの東京2020 パラリンピック競技大会日本代表選手

生馬 知季(いこま ともき)選手 岡山市在住 陸上競技

佐藤 友祈(さとう ともき)選手 岡山市在住 陸上競技

菊池 智子(きくち さとこ)選手 津山市出身 シッティングバレーボール(女子)

井上 全悠(いのうえ まさちか)選手 倉敷市在住 卓球

メダルを獲得した岡山県ゆかりの日本代表選手

佐藤 友祈 選手【陸上競技】
 T52  400m   55秒39(大会新記録) 金メダル
 T52 1500m 3分29秒13(大会新記録) 金メダル

トップページ 組織で探す 保健福祉部 障害福祉課 パラリンピック  岡山県サイト