ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 健康推進課 不妊について

不妊について

 岡山県では、不妊症のため子どもを持つことができないご夫婦に対して、不妊に関する相談や不妊治療費の助成を行うことにより、不妊に悩んでおられるご夫婦の精神的、経済的負担を軽減する事業を行っています。

岡山県不妊専門相談センター「不妊・不育とこころの相談室」

 

○特定不妊治療費(体外受精及び顕微授精)への助成事業

岡山県では、医療保険が適用されず、治療費が高額となる体外受精及び顕微授精(特定不妊治療)について、その医療費の一部を助成することにより経済的負担を軽減する事業を行っています。(岡山市、倉敷市にお住いの方は、それぞれ岡山市役所(岡山市保健所)、倉敷市役所(倉敷市保健所)から助成されます。)令和4年4月からの不妊治療の保険適用に伴い、この助成制度は終了しますが、次のとおり経過措置等を講じます。


(1)令和4年3月31日までに治療が終了した方へ【令和3年度現行制度】

(2)令和4年度経過措置について(詳しくはこちらをクリックしてご覧ください。)

 

○参考情報

 県内市町村における公費による不妊・不育治療費助成事業

 不妊治療と仕事の両立のために

 岡山県不育症検査費用助成事業について

 

 「不妊、不育とこころの相談室」では、不妊症(妊娠しない)や不育症(妊娠しても育たない)により子どもが得られない方々、将来の妊娠に不安を持つ思春期の男性、女性の方々の悩みについての解決に向けて相談に応じます。相談は無料です。

相談室のホームページはこちら 

相談室のリーフレット [PDFファイル/886KB]

センターに来られての相談
開所日
  毎週 月曜・水曜・金曜の午後1時から午後5時まで
(祝日、12月29日から1月3日は除く)
  毎月 第1土曜、第1日曜の午前10時から午後1時まで(祝日、12月29日から1月3日は除く)

※来所は予約制ですので、電話(086-235-6542)かメールで御予約ください。

メールでの相談
メール funin@cc.okayama-u.ac.jp
毎日24時間受け付けています。相談内容によっては回答までに時間がかかることがあります。

電話での相談
電話  086-235-6542
●受付日
 毎週 月曜・水曜・金曜の午後1時から午後5時まで(祝日、12月29日から1月3日は除く)
 毎月 第1土曜の午前10時から午後1時まで(祝日、12月29日から1月3日は除く)

オンライン相談
●パソコン、スマートフォン、タブレット端末でご参加いただけます。
●ご希望の方は、メール(funin@cc.okayama-u.ac.jp)または電話(086-235-6542)でご連絡ください。

センターの場所
岡山大学病院内 岡山県不妊専門相談センター 「不妊、不育とこころの相談室」

所在地:岡山市北区鹿田町2-5-1

●交通アクセス 
バ ス

岡山駅東口バスターミナルから「2H」系統の岡電バスで「大学病院」構内バス停下車

もしくは

岡山駅東口バスターミナルから「12」・「22」・「52」・「62」・「92」系統の岡電バスで「大学病院入口」下車

路面電車岡山駅から清輝橋行にて「清輝橋」下車 西へ徒歩5~10分
タクシー岡山駅から5~10分

★参考情報

県内市町村における公費による不妊・不育治療費助成事業

県内市町村において、公費により実施している不妊・不育治療費助成事業の概要は次のとおりです。
事業の詳細及び最新の情報については、各市町村のホームページで確認いただくか、各市町村役場へお問い合わせください。

市町村の不妊・不育治療費助成事業の一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 健康推進課 不妊について