ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 教育委員会 児童虐待対応研修用資料

児童虐待対応研修用資料

児童虐待対応研修用資料

 児童虐待に対して適切な対応を行うことができるよう、定期的に研修を実施し、対応の方法等について、共通理解を図ることが大切です。
 「校内研修用プレゼンテーション資料ver2.1」は、児童虐待対応の基本を共通理解するためのもので、説明にかかる時間はおよそ30分です。
 「校内研修用プログラム」は、就学前、小学生、中学生、高校生の虐待事例を用いて事例検討できるように、ワークシートも用意しています。校内研修や市町村での研修会等でご利用ください。
 「eラーニング資料」は、個人での研修や事例検討前の事前学習にご利用ください。なお、4つの項目に分けて掲載していますので、必要な事項について、選択して確認することもできます。
 研修資料よりさらに詳しい内容については、「教職員・保育従事者のための児童虐待対応の手引き」や「人権教育指導資料7 児童虐待防止編」、また、文部科学省が作成した「学校・教育委員会向け虐待対応の手引き」、研修教材「児童虐待防止と学校」等をご参照ください。

校内研修用資料

eラーニング資料(スライドショー)

参考資料

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 教育委員会 児童虐待対応研修用資料