ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 産業労働部 北部高等技術専門校 北部高等技術専門校とは

北部高等技術専門校とは

北部高等技術専門校とは

職業能力開発促進法に基づき、岡山県が設立した県立の職業能力開発施設です。

「ものづくり」産業に重点を置いた4つの訓練科を設置しています。

中学校や高等学校を卒業して就職を希望する方、再就職や転職を希望する方が、

就きたい職業に必要な知識と技能、資格が効率的に習得できる実践的な訓練を行っています。

北部高等技術専門校写真(北から)

訓練科一覧

期間訓練科名訓練内容
1年電気設備科

住宅の配線工事ができる第二種電気工事士免状の取得、さらに大型施設の配線工事ができる第一種電気工事士試験合格を目指します。電気の基礎からじっくり学び、実務に役立つ知識・技能が身につきます。

木造建築・再生科

木造建築(在来軸組構法)設計、施工、施工管理を学びます。大工職人として大切な手工具の手入れ、取扱方法にはじまり、工作実習を経て、施工実習を行い、実践的な技能者を養成します。

木工・デザイン科

手工具や木工用機械の手入れ、使用方法から家具の設計、製作に至るまで、木工品製作に関する知識と技能、3D-CAD操作の習得を目指します。

6か月建物設備サービス科(新設科 令和4年4月開講)住宅やビルの給排水や電気に関する工事や修理、衛生器具の設置や水漏れ修理、ルームエアコンの設置やクリーニング、ビル設備の保守・点検等に関する知識や技能が幅広く習得出来ます。
ケアサービス科

充実した設備の中で、介護の基礎から医療的ケアまで多彩な訓練や現場実習を経験でき、初心者の方でも即戦力として活躍できる技術を習得出来ます。訓練を終了すると「実務者研修修了」の資格を取得できます。長年の訓練実績に対する事業者からの期待も大きく、当科の訓練生を対象とした求人も多数あります。


トップページ 組織で探す 産業労働部 北部高等技術専門校 北部高等技術専門校とは