ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 子ども家庭課 子どもの未来応援ネットワークによる連携ケア事業について

子どもの未来応援ネットワークによる連携ケア事業について

子どもの未来応援ネットワーク連携ケア事業

事業の概要

 子どもの貧困が社会問題化する中、日本においては7人に1人の子どもが貧困状態にあり、相対的貧困率は国際的にみても高い水準にあります。
 
 本県では、子どもの貧困対策として、令和元年度から「子どもの未来応援プロジェクト事業」を3か年にわたり実施してまいりました。

 子どもやその家庭の貧困は、見た目での判断が困難で、本人が周りに自らの状況を言いづらいことから、当事者が非常に見えにくいという問題があります。

 そのため、住民に最も身近な行政機関である市町村が、困難を抱える家庭を早期発見し、必要に応じて適切な支援に結び付けていくことが求められています。
 
 このため、「子どもの未来応援プロジェクト事業」の一環として、玉野市及び笠岡市に、県のモデル事業である「岡山県子どもの未来応援ネットワークによる連携ケア事業」において、困難を抱える子どもや家庭を就学前の早期に把握し、その家庭へのアプローチにより福祉や保健・医療、教育等への適切な支援につなげるとともに、継続的な見守りや支援を行う仕組みづくりに取り組んでいただきました。

事業実施報告書

 今般、各市町村においても困難を抱える子どもや家庭の早期発見・早期支援の仕組みづくりの取組が進む契機となるよう、玉野市及び笠岡市での取組内容やその成果、事業を通して得られた課題等を報告書としてまとめました。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 子ども家庭課 子どもの未来応援ネットワークによる連携ケア事業について