ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 県民生活部 県民生活交通課 岡山県パーソントリップ調査(令和4年10月実施)

岡山県パーソントリップ調査(令和4年10月実施)

岡山県パーソントリップ調査にご協力をお願いします

岡山県パーソントリップ調査ビジュアル
岡山県では、県民の皆さんが、普段どのような「移動」をしているのかを調べるための「パーソントリップ調査」を実施いたします。

調査対象日

Aグループ 2022年10月12日(水曜日)及び10月16日(日曜日)
Bグループ 2022年10月19日(水曜日)及び10月23日(日曜日)

調査の方法

住民基本台帳から無作為抽出した、岡山県内の68,000世帯に、調査票を郵送します。
回答は、紙の調査票(返信用封筒に入れて郵送)か、インターネットのいずれかでお願いします。

<ご注意ください>

調査対象として選ばれた方には、10月上旬から中旬にかけて、「岡山県からの封書」が、「郵送」で届きます。
調査にあたって、県職員や調査員などが、ご自宅や職場を訪問したり、電話やメールで個別にご連絡をとることはありません。
また、調査には「無記名」で御回答いただくこととしており、ご本人やご家族の氏名や、資産の状況など調査と関係のない情報についてお尋ねことはありません。
もし、不審な封書や電話、メールなどが届いたり、調査員を名乗る人物が訪ねてきたりしたら、すぐに対応せず、岡山県県民生活交通課(電話086-226-7291)へお問合せください。

背景と目的

いま、少子化による人口減少や、マイカーの普及により、公共交通機関を利用する人が減少しており、その結果、鉄道やバスの減便、運賃値上げといった問題が、県内各地で起こっています。
このままでは、学生や高齢者など車を運転できない人や、病気や怪我など、さまざまな事情で公共交通を必要としている人たちが、住み慣れた地域で安心して暮らせなくなってしまうかもしれません。
そこで、「パーソントリップ調査」により、岡山県民の皆様が「いつ、どこへ、何のために、どんな交通手段で移動しているのか」を把握した上で、県内の公共交通ネットワークの課題を洗い出し、もっとたくさんの人に利用していただけるよう、改善していきたいと考えています。

Q&A

回答した内容が、他人に知られることはありませんか?

調査にあたって、個人の氏名や、自宅の詳しい住所(番地など)などはお伺いしません。
また、調査票にご記入いただいた内容は、厳重な管理の下で、個人が特定されない、数値のみのデータに加工されます。
ご回答いただいた方の個別の移動状況が、他人に知られることは絶対にありませんので、安心してご回答ください。

調査に協力するメリットはありますか?

調査にご協力いただいた方に、個人的なメリットがあるわけではありませんが、岡山県の公共交通が改善されることで、たくさんの人々の暮らしが便利になります。ぜひ、御理解・御協力をお願いいたします。

公共交通を使わないのですが、回答する必要がありますか?

自動車やバイク、自転車、徒歩など、公共交通を使わない移動についても、調査の対象となります。
公共交通を「使う人」だけでなく、「使わない人」の移動の実態も把握することで、現在の公共交通の課題や、改善すべき点が見つかるものと考えています。

調査日が分かれているのは、どうしてですか?

台風など、事前に予測できない理由により、調査日の人の動きが、たまたま普段と大きく異なってしまうリスクを避けるため、調査日を2グループに分けています。
また、平日と休日では、県民の皆さんの移動の目的や、移動先が大きく変化すると考えられるため、1人の方に対し、平日と休日の2日間の動きをお伺いすることとしております。

調査票の記入方法が分からない場合、どうすれば良いですか?

調査期間中は、「サポートセンター」を開設し、電話にて、個別のお問合せに対応いたします。
電話番号(フリーダイヤル、通話無料)は、調査対象者に選ばれた方へ調査票等をお送りする際に、お知らせいたします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 県民生活部 県民生活交通課 岡山県パーソントリップ調査(令和4年10月実施)