ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 岡山県消費生活センター > 架空請求・不当請求にご用心!!

本文

架空請求・不当請求にご用心!!

印刷ページ表示 ページ番号:0328031 2013年4月1日更新消費生活センター

突然、ハガキや電話、メールなどで、身に覚えのない料金を請求してきたり、特定のサイトにアクセスしただけで法外な料金を請求してきたりする「架空請求」「不当請求」が、今、全国で多発しています。

*平成16年度に当センターで受け付けた苦情相談26,208件のうち、約3分の2に当たる17,265件が、架空・不当請求と思われる内容のものです。
詳細はこちら

無視することが一番です

【1】利用していなければ、絶対に支払わない

一度でも支払いに応じてしまうと、次々に請求がくることになってしまいます。

【2】こちらから相手方に連絡をとらな

確認しようと、相手方に連絡をすると、脅迫的な請求をされたり、まだ知られていない個人情報をつかまれて、別の方法で請求されたりする恐れがあります。

【3】もし、電話があっても、毅然とした態度で断る

万が一、脅迫的な請求や取り立てをされたら、最寄りの警察に届け出ましょう。

あわてない!冷静に!

★架空請求ハガキ(例) ・・・・ クリックしてください

★相談事例 ・・・・ 「消費のアドバイス」より

★他機関による架空請求・不当請求に関する情報提供 ・・・・(ホームページににリンク)

国民生活センター